メンタルヘルス.jpトップ > 専門家コラム > 異なる世代、考え方を持つ人と、共に心地よく働くためには?
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

異なる世代、考え方を持つ人と、共に心地よく働くためには?

2019-12-02 テーマ: 職場環境改善

【ヒューマン・タッチ レター vol.25】

 

みなさんこんにちは。森川です。

 

職場で「世代間のギャップ」感じることはありませんでしょうか。

例えば、家庭内であれば、私も高校生と中学生の娘がいますが、

子どもたちとの関係も難しい時期もありますよね。

こんな時はあえて距離をとったり、成長とともに変化を楽しんだりと、

うまく対応できる方もあるかと思います。

 

しかし、職場では、「距離を取る」とか「待つ」という関係性だけで

部下や同僚と対応できるかといえば、そうではない場合もあります。

時には議論を交わし、指導や教育をしていかねばならない場面もあるはずです。

また、「世代間のギャップ」だけでなく、母国語が日本語でない人たちとも

職場でお付き合いしなくてはいけない時代です。

年代が同じであっても、風習や考え方の違いを感じる場面もあるのだと思います。

 

これら「違い」がある人たちと、「心地よく」働くためには何が必要なのでしょうか。

私は、「割り切り」「パレットで理解する」をお勧めします。

 

「割り切り」とは、

「職場での人間関係である」と割り切り、

「仲良く付き合えれば、それに越したことはないが、

まずは仕事が一緒にできればそれでよい」ぐらいに考えるということです。

全ての人と、うまく付き合える人は多くはないはずです。

うまく付き合えないことに悩むようであれば、うまく付き合わねばならない、

という枠自体を緩めてあげてはどうでしょうか。

 

「パレットで理解する」とは、

相手を「好きな人」「嫌いな人」「良い人」「悪い人」などと

1色で理解するのではなく、パレットのように何色もの色を持つ人、

と理解することです。

1人の人をイメージしても、

「声が大きいところは嫌い」「はっきりしているところは付き合いやすい」

「掃除が嫌いなところはいや」「きちんとメールしてくれるところは好き」など、

細かく見ていけば、いろんな色があるはずです。

 

上記の方法は、ともに客観的にみる、とらわれない、といえるかもしれません。

最も大切なことは、「相手に興味関心を持ち、違いを理解し、楽しむ姿勢を持つこと」ではないでしょうか。

 

株式会社ヒューマン・タッチ 臨床心理士
年間100回以上のセミナーーをこなす、メンタルヘルス関連セミナーの専門家です
セルフケア研修、ラインケア研修、コミュニケーション研修、新入社員研修、3年目研修、などお客様のニーズに合わせて、セミナー内容をカスタマイズしております。体験型であり、かつ、セミナー内の気づきを定着いただけるような工夫を取り入れております。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク