メンタルヘルス.jpトップ > 専門家コラム > アサーション①~臨床心理士が教える具体的事例~
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

アサーション①~臨床心理士が教える具体的事例~

2019-08-19 テーマ: メンタルヘルス

【ヒューマン・タッチ レター vol.12】

アサーション①~臨床心理士が教える具体的事例~

 

みなさん、こんにちは。ヒューマン・タッチ森川です。

今回は2回にわたって、「アサーション」についての話題です。

 

セルフケア研修のバリエーションは様々ありますが、アンガーマネジメントやハラスメントの話題と共に、最近「アサーション」も改めて注目されていることを現場の声から感じます。

 

職場での人間関係については、実に5割以上の人が、ストレス要因と感じている現状があります。自分の気持ちをうまく相手に伝えるスキルは、どの年代の方にも役に立つ方法なのかもしれません。

 

「アサーション」と聞いて、「?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私の理解する「アサーション」とは、「自分を大切にしたうえで、相手も尊重し、自分の気持ちや考えをその場に応じた手法で表現すること」です。

「アサーティブな表現方法」と言われたりします。

 

他にも、自分だけを優先して、時には怒りの感情を前面に出して表現する「アグレッシブ」な表現もあれば、自分よりも相手ばかり優先して表現する「ノンアサーティブ」という表現もあります。

 

前者は、「自分を大切にしているではないか」「自分が言いたいことを言えてすっきりするではないか」「相手を屈服させることが出来て気持ちが良いではないか」との感想をお持ちの方もいるかもしれません。

本当にそうでしょうか。

 

アグレッシブな表現が強い方は、その一瞬はすっきりするかもしれませんが、「相手から報復を受けたらどうしよう」「相手を傷つけてしまったのではないか」と思う方もあります。

職場では、このような人の言葉は説得力を失い、結果評価や成果を上げづらかったりすることもあると思います。

 

他方、後者では、「自分さえ我慢すればよい」「自分を殺せばすべてうまくいく」と考える方もいるかもしれません。

本当にそうでしょうか。

 

ノンアサーティブな表現をしがちな方は、ある場面で自分の気持ちをぐっと押し込める分、違う場面で大きく感情を表現してしまうこともあります。

職場では気が小さいのに、家庭に戻ると、家族に途端に大きい顔をする、またその逆もしかり。

自分の気持ちを殺しきることは不可能だと思います。バランスをとるために、どこかで大きく表出され、人間関係を損なっていることがあるのかもしれません。

 

「アグレッシブ」でもなく、「ノンアサーティブ」でもない「アサーティブ」な表現は、相手にとってだけでなく、自分にとっても大切な表現なのだと思います。

株式会社ヒューマン・タッチ 臨床心理士
年間100回以上のセミナーーをこなす、メンタルヘルス関連セミナーの専門家です
セルフケア研修、ラインケア研修、コミュニケーション研修、新入社員研修、3年目研修、などお客様のニーズに合わせて、セミナー内容をカスタマイズしております。体験型であり、かつ、セミナー内の気づきを定着いただけるような工夫を取り入れております。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク