メンタルヘルス.jpトップ > 専門家コラム > 臨床心理士が教える不調者対応05~復職支援の成功・失敗事例~
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

臨床心理士が教える不調者対応05~復職支援の成功・失敗事例~

2019-04-22 テーマ: 休職復職支援

みなさんこんにちは。

株式会社ヒューマン・タッチの代表で、臨床心理士の森川隆司です。

 

前回は復職の失敗例として、「職場要因」の「環境・教育不足」による事例についてお伝えしました。今回は、同じく「職場要因」である

【連携不足:社内の産業保健スタッフとの連携ができていない】についてです。

 

今回の事例については、社内に産業保健スタッフがいる場合です。

比較的規模の大きな事業所や工場において当てはまるかもしれません。

「産業保健スタッフ」と言っても、産業医、保健師、看護師、カウンセラー、衛生管理者、健康管理担当者、メンタルヘルス担当者、など様々ですね。

 

復職の際に、それぞれの担当者が担う範囲は、事業所や工場によって異なりますので、一概に話すのは難しいですが、上司の立場であれば、この中でキーとなる人物との連携が大切になると考えます。

それぞれの事業場において、休職中または復職時に、実質的に従業員とコンタクトをとれている人ですね。

 

具体的なケースについては、次回改めてお届けいたします。

 

株式会社ヒューマン・タッチ 臨床心理士
年間100回以上のセミナーーをこなす、メンタルヘルス関連セミナーの専門家です
セルフケア研修、ラインケア研修、コミュニケーション研修、新入社員研修、3年目研修、などお客様のニーズに合わせて、セミナー内容をカスタマイズしております。体験型であり、かつ、セミナー内の気づきを定着いただけるような工夫を取り入れております。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク