メンタルヘルス.jpトップ > 相談掲示板 > 休職期間中における育児休業の取扱いについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

休職期間中における育児休業の取扱いについて

投稿日:2018/12/12 09:39 ID:QA-0080972

解決済

いつも参考にさせて頂いています。

一つ相談があります。現在休職中の社員の妻が出産しました。本人はこの機会に休職を停止し育児休業に切り替えたいとの申し出を行ってきました。

該当社員はメンタル不調のため休職していて、現在も主治医から復職可能の診断書が提出されていません。
そこで、会社としては育児休業申請は受理しますが、病気による休職解除は行わず、あくまでも本人の病気が完治したときに解除するつもりです。

このことから、休職期間と育児休業期間が同時進行する結果となりますが、問題は無いでしょうか?
ご意見を頂けたらと思います。よろしくお願いします。

なお、休職期間中に復職可能になった場合、育児休業中でもあることから復職は育児休業終了後と考えています。おそらく本人もその様なと考え方であると判断しています。

(参考情報)
①勤続20年以上
②休職期間:2018/10/01~2019/09/30まで
③育児申請:2018/12/11(期間:~2019/12/03まで)

redさん  群馬県  輸送機器・自動車(501~1000人)  回答数:3件 カテゴリ:労務・法務・安全衛生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、既に休職中であればそもそも労働義務がございませんので、これに重ねて育児休業を取得することは論理的に不可能と考えられます。分かりやすく言えば、休日に休暇を取得出来ないのと同じ事です。

しかしながら、実際には休職中であっても並行して育児休業を取得させる例も見られるようです。上記の解釈からしますと疑念を感じ得ませんが、当人にとりましても育児休業が取得出来るに越したことはないですので、所轄の労働基準監督署にご確認される事をお勧めいたします。
投稿日:2018/12/12 11:18
ご回答、ありがとうございました。
労働基準監督署に聞いて対応を考えたいと思います。
投稿日:2018/12/14 11:07
A

2つの休職、休業は物理的に併存し得ないが、何れとするのか明確にしておくことが必要

川勝 民雄 /代表者

▼ 育児休業の目的は、子を養育するための就業免除です。子女養育以外の事由で、既に、就業禁止、免除されている期間は、就労自体が存在しないので、現実的に、育児休業を付与する意味がありません。
▼ 既進行中の休職と育児休業は、物理的に併存しなくても、事由、処遇(主として賃金補償)面で扱いが異なるのであれば、関連事情を考慮し、その何れとするかは、明確にしておく必要があります。
投稿日:2018/12/12 12:11
ご回答、ありがとうございました。
今後、同様な場面も想定できますので、会社としてどうするのかルールを作成して行きたいと思います。
投稿日:2018/12/14 11:12
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

休職期間中であっても、入院や寝たきりなど明らかに育児ができない状態を除き、本人の申し出があれば、育休は認める必要があります。

休職制度より法定上の育休が優先しますが、育休終了後は本人に復帰する義務が生じます。
投稿日:2018/12/12 12:36
ご回答、ありがとうございました。
今回のケースをモデルにして、法定上の育休と休職の取り扱いをどうするのかルールを作成して行きたいと思います。
投稿日:2018/12/14 11:20
メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク