メンタルヘルス.jpトップ > 相談掲示板 > 安全配慮義務違反について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

安全配慮義務違反について

投稿日:2021/03/12 15:36 ID:QA-0101686

解決済

安全配慮義務違反について質問です。

当社では病気や怪我で仕事を休んでいた従業員が復帰する際に、30日を超えて休んでいた場合や、30日以内でもメンタルヘルス系の理由で休んでいた場合は産業医面談を実施しています。

ただ、上記に該当しない案件(例えば捻挫して7日間休んでいた等)の場合に産業医面談なしで復帰させることもあるのですが、その場合でも症状が悪化すれば、やはり安全配慮義務違反となるのでしょうか?

安全配慮義務違反を回避しようとした際に、「産業委面談の実施」や「診断書取得」が必要となる目安のようなものがあれば教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

ペコさん  東京都  その他業種(1001~3000人)  回答数:2件 カテゴリ:労務・法務・安全衛生
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いわゆる安全配慮義務違反につきましては、個別具体的な案件毎に判断されるものです。

従いまして、医師の面接指導等法令で義務付けられた措置を採られる事で当然ながら違反のリスクは低くなりますが、それ以外の任意の措置も含めまして、これだけ行っていれば必ず義務違反を回避出来るという事にはならないものといえます。

対応としましては、挙げられた措置もそうですが、出来る限り従業員の健康状況を客観的に把握するよう努めると共に、問題が見受けられる場合には医師のアドバイスを参考に勤務の負担軽減等細かい配慮をされる事が重要になるものといえるでしょう。
投稿日:2021/03/12 19:22
お世話になります。
ご回答ありがとうございます。

個別に考えていくしかないのですね。
とても参考になりました。
投稿日:2021/03/15 10:40
A

安全配慮義務違反しない為に

川勝 民雄 /川勝研究所 代表者

▼安全配慮義務とは簡単にいうと「労働者が職場で安全に労働できる環境を整備するよう配慮すること」で、事業者は、この安全配慮義務に違反すると、民事上の損害賠償責任を問われることがあります。
▼実際の事案としては、「パワハラによるメンタルヘルス不調」「長時間労働によるメンタルヘルス不調」「車両整備工場で車両整備中の事故死」「宿直中の従業員の殺傷事件」など、幅広く発生しています。
▼対策としては、次の3点プラス従業員教育かと思います。
① 健康診断・ストレスチェックの実施
② 事故等が起きない職場環境の整備
③ 労働時間の管理・過重労働の防止・研修等
▼尚、会社には、健康配慮義務がありますが、安全配慮義務が、労働者の安全・生命・健康など全体的な事柄において会社が負うべき義務であるのに対して、健康配慮義務は、労働者の健康を守ることに特化した義務であるという点で異なります。
投稿日:2021/03/13 11:58
お世話になります。
ご回答ありがとうございます。

対策の中の「研修」について当社ではあまり出来ていないように感じます。
このあたりも課題として取り組んでいきたいと思います。
投稿日:2021/03/15 10:45
メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク