メンタルヘルス.jpトップ > 専門家コラム > 『養生訓』を読んで~現代の健康管理の在り方~
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

『養生訓』を読んで~現代の健康管理の在り方~

2018-01-05 テーマ: 『健康経営』への取り組み(なぜ今『健康経営』なのか?)

昨今、40兆円を超えた国民医療費の増大を背景に、国が保健・医療政策において、薬や医者に依存しない「セルフケア」を推進していますが、個々人で「セルフケア」を行うために心掛けるべきことは何でしょうか?

この解を求めていたところ、ある知人より『養生訓』という本を紹介されました。

 

『養生訓』とは、江戸時代中期に貝原益軒が出版した大衆向けの健康管理読本で、ここでいう「養生」とは現在でいう「健康」に置き換えられます。

ちなみに「健康」という用語が一般に使用されるようになったのは、明治時代からで、江戸末期までは、ほとんど使われていない言葉であったとのことです。

 

『養生訓』では、「元気」という言葉が多く用いられています。

具体的には「元気をへらす」、「元気をとどこおらせる」ことが養生の害であり、「元気」は、心身一体の動物である人間にとって、生命の原動力であり、活力源となるエネルギーと説いています。

従って、

・「元気」を減らさないような思考や過分ない生活によって心の平安を保つこと

・からだを動かし、全身に「元気」を循環するように整えていくこと

この2つを絶えず実践していくことが、心身を一体とした養生(健康)法であるとしています。

 

『養生訓』の、心とからだの自己管理を軸とした養生(健康)法は、まさに温故知新ということで、現代社会の「セルフケア」にも通じる健康管理の処世訓と言えるでしょう。

株式会社ジイズスタッフ 健康経営アドバイザー
「健康経営」推進に関することなら何でもご相談ください!
「健康経営」を進めるうえで重要な「健康課題の見える化」を支援いたします。 ・健診結果のデータ入力代行 ・従業員満足度調査等、各種サーベイサービス ・健康管理システム『LIFEDESK』 ・健康スコアを用いた企業/組織診断

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク