メンタルヘルス.jpトップ > よくわかる講座&記事 > 「メンタルヘルス」の段階
このエントリーをはてなブックマークに追加

「メンタルヘルス」の段階

メンタルヘルスの段階とは、ストレスをどの段階で対処するかという目安として設定された枠組みである。言い換えると、「企業が直面している悩みの段階」ということもできる。このメンタルヘルスの段階は、ストレス予防の一次、心の不調の早期発見・対応の二次、疾病の治療、再発予防の三次と大きく3つに分けられている。個別の従業員に対する対応は一次から二次、三次と続くが、企業としてメンタルヘルスへの体制構築順序としては二次三次を整えてから一次に取り掛かることになる。次にそれぞれの段階について、詳しく説明していきたい。

一次予防はストレス管理、啓発活動と職場環境の把握と改善

イメージ一次の段階は、ストレスを発生させないための予防である。一次予防の内容は大きく分けて2種類ある。1つめは個人のストレス管理である。従業員が自分自身でストレス状態に気づくことができるように、ストレスやメンタルヘルスに関する基礎知識を身につけ、ストレスを上手に発散できる手段を持つことで深刻な状態にならないように予防をする。もうひとつは職場環境の改善である。ストレスの原因となっている職場環境の問題点を積極的に把握し、作業量や人材配置の適正化など業務の改善を行うというものだ。これらの取り組みによって過度なストレス状態に陥る確率を減らそうというのである。

二次予防、三次予防が急務だという企業が多い中、近年大企業を中心として一次予防の重要性を認識し、新たにこの段階に対するアプローチを始めるケースが増えてきている。また特に二次予防、三次予防の必要性のない企業でも、CSRの観点から一次予防に取り組むことが多くなってきた。

二次予防はストレス調査、検診、相談窓口などの体制整備

二次の段階は、心の不調を早期に発見し、対応する段階である。具体的には精神疾病を引き起こさないようにその手前で発見していくことである。早期発見と対応に関する取り組みとしては、ストレス調査や相談、検診などといった第三者からの気づきをベースにした内容となる。企業の多くは、すでに過重なストレスに苦しんでいる労働者がいるという問題をきっかけとしてメンタルヘルス対策に取り組むため、二次予防から始める場合が多い。適切な二次予防を実施するには、外部の保健スタッフ、カウンセラー産業医などの専門家や、EAPサービスプロバイダのようなメンタルヘルスサービスの事業者との連携が不可欠だ。きちんとした評価手法を用いることと、個人情報の取り扱いに十分留意した情報を共有できる体制を整備することが二次予防の鍵である。

三次予防は休職・職場復帰支援、発症者フォローアップ

イメージ三次の段階は、従業員が精神疾患を発症した場合の円滑な復帰と再発の予防をする段階である。この段階では、休職中に医療機関で治療を受けている従業員の精神面でのフォローや、復帰する際のリハビリ出勤の支援などを行う。精神疾患を発症した本人にとっては、療養中の不安もさることながら、治癒後に「うまく社会復帰できるかどうか」という不安も大きい。休職していた期間を埋めようと復帰直後から無理して働き、結果的に再発してしまうこともある。特に中小企業では余裕がなく、なかなか休職者へのフォローまで積極的に取り組むことができていないことが多い。仮に休職者の疾病が治癒したとしてもそのまま離職するケースも少なくない。三次予防の問題に関しては、企業が、人材の流出のダメージがいかに大きいかという認識を深め、復帰後の現場での受け入れ態勢をしっかり構築していく必要がある。

←前の記事へ次の記事へ→

メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク