メンタルヘルス.jpトップ > よくわかる講座&記事 > 「メンタルヘルス」サービスの種類とEAP
このエントリーをはてなブックマークに追加

「メンタルヘルス」サービスの種類とEAP

さてここでは、メンタルヘルス支援サービスの種類について述べることにする。近年さまざまな切り口のサービスが登場するようになったため、以前と比べて選択肢はずいぶんと多くなった。おおまかにサービスの種類を分類すると、“専門分野に特化したサービス”と、“総合的に広くケアするサービス”に分けることができる。利用する側としては、悩みの段階や予算に応じて必要なサービスを補完的に活用することもできるし、トータルソリューションとして総合的に導入することも可能だ。すでに産業医や保健スタッフが企業内に常駐していたり、ストレスチェックを導入したりしている企業では、既にあるものと新たに導入するものの相性を見極めて選択する必要がある。総合的なサービスを導入する場合は、全ての内容を貫いている理念や特色を十分理解した上で、自社の考え方に合った事業者を選ぶとよいだろう。では、具体的にどのようなサービスがあるのか、ここでは悩みの段階別に見ていくことにする。

段階別サービスの種類

一次予防支援

一次予防を支援するサービスは、主に従業員が自分のストレスにいかに気づくか、という問題に的を絞った内容が多い。たとえばストレスチェックやeラーニングによるセルフケア支援などである。冊子やインターネットで手軽に利用できるストレス検査ツールを提供し、個人に結果をフィードバックするサービスが基本だが、それに付帯して組織ごとの分析を行ったり、組織の改善提案を行ったりする企業もある。ストレスチェックはやりっぱなしで終わるのではなく、メンタルヘルス対策を講じるきっかけとして利用するのが望ましく、二次予防とトータルで検討するとよい。中には二次予防と連動して診断結果に基づき、過重なストレスを感じている従業員に対してカウンセリング利用をすすめるサービスを提供している企業もある。

二次予防支援

イメージ二次予防を支援するサービスの代表としては、メンタルヘルス不調者に対するカウンセリングと、産業医、保健スタッフの企業への派遣があげられる。カウンセリングにはさまざまな形態があり、サービス内容もそれぞれ違う。フリーダイヤルの相談窓口やカウンセリングルームを設置している企業もあれば、利用者の指定する場所へ出張するサービスを行なっているところもある。相談内容についても、従業員の仕事上の悩みや健康相談といった基本的な内容のほか、プライベートの問題にも対応し、利用できる対象者を従業員の家族にまで広げている企業もある。

また、産業医、保健スタッフの派遣は、単にマンパワーの補完としてのコーディネイトだけでなく、専門分野の異なる医師とチーム契約し、相談内容に応じて利用できるサービスや、すでに専属の産業医がいる場合でも、その医師の専門外の領域をカバーするサービスもある。また、人事労務のニーズと産業医の方向性を一致させるマネジメント支援を行なっている企業もある。二次予防のサービスは、特に心理カウンセラーや医師といった高い専門性を必要とするため、その品質はしっかりと見極めて選びたい。

三次予防支援

三次予防を支援するサービスとしてあげられるのが職場復帰プログラムである。このサービスでは、うつ病などの精神疾患を発症し、一時休職している従業員がスムーズに職場復帰できるよう、サポートするためのプログラムを提供している。具体的には、休業時のケアや指導カウンセリングを実施したり、職場復帰を成功させるための受け入れ態勢を企業側と調整する支援を行ったりしている。また、復職希望者がスムーズに職場に復帰できるように、仕事力トレーニングや評価テストを個別に設計するサービスを提供する企業もある。この職場復帰サービスは、休職者と企業の間の橋渡し役として、双方の問題や不安を解消するための中間支援的な役割を果たしており、外部事業者を上手に活用することによって、企業がフォローしきれない休職者の問題を上手にカバーすることができる。

教育支援

そのほか、すべての段階に関わる問題として、メンタルヘルスの知識を啓蒙する教育活動を支援するサービスもある。メンタルヘルスの基礎教育はもちろんのこと、管理監督者向けのストレスマネジメント研修や、従業員のストレス耐性を高めるためのメンタルタフネスプログラムなど、さまざまな切り口のプログラムが存在する。形式は集合研修、通信教育、体験型ワークショップとプログラムに応じて適切な方法が設計されている。起きてしまった問題を解決に導くと同時に、個人のメンタルヘルスに対する理解を促進し、事前予防や再発防止を行なうのが、近年のメンタルヘルス対策における主流である。特に最近は、緊急のメンタルヘルスケアが必要のない企業でも、予防の観点からこれらの研修を受講するケースも増えてきている。

EAPとは

イメージ冒頭に述べた「総合的に広くケアするサービス」を提供する業種のひとつとして、「メンタルヘルス対策の種類」でも触れた、いわゆる外部EAPの会社がある。「EAP」とは、Employee Assistance Programの頭文字を取ったもので、「従業員支援プログラム」と訳される。もともとEAPは従業員のアルコールや薬物依存症などを解決するプログラムとして、1940年代のアメリカで先進企業が導入したのが始まり。現在、その対象はメンタルヘルス全般や家庭・育児問題、法律、フィナンシャルプランニングの悩みなどに及び、バックアップの範囲は大きく広がっている。

日本でも増大傾向にある労働者のストレスへの対策としてEAPに対するニーズが高まっている。ひとくちにEAP会社といっても、うつ病などのメンタルヘルスや復職支援などを専門にしているところや、キャリアカウンセリングに力を入れているところなどさまざまであるため、自社のニーズに合った会社を慎重に選びたい。

←前の記事へ次の記事へ→

メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク