メンタルヘルス.jpトップ > セミナー > 【組織を分析して問題解決に活かす!】 ストレスチェック2年目に向けての改善点
このエントリーをはてなブックマークに追加

【組織を分析して問題解決に活かす!】 ストレスチェック2年目に向けての改善点

無料
義務化されたストレスチェック、ただ実施するだけに終わってませんか?
ストレスチェック義務化2年目の実施にあたり、改善するべき点について
解説いたします。
開催日時 2017/06/20(火) 16:30 ~ 17:30(受付16:15~)
会場 東京都/港区 株式会社人材研究所 セミナールーム
受講費 無料
主催 株式会社HRデータラボ ストレスチェッカー事業部
このセミナーに申し込む 期限:2017/06/20(火) 16:30

セミナー概要

【ストレスチェックをフル活用した、集団分析の上手な活かし方を教えます!】

 

<参加者の声>

・「集団分析の流れなどがわからなかったので、実例を交えて、お話いただけたので、とても参考になりました」

・「組織分析には仮説が必要、というのがとても理解できました」

・「貴重な機会を頂き、ありがとうございました」

 

 

ストレスチェック、とりあえず実施しただけになっていませんか?

2回目以降は、組織改善に活かす会社と、活かさない会社に差が出始めます。

 

◎ 例えばこんな課題をお持ちではありませんか?

  • 研修の効果が実感できない
  • メンタルによる社員の戦力ダウンを防ぎたい
  • 社員の定着性を上げたい
  • 適材適所の人員配置をつくりたい

 

研修や人員配置をやみくもに実施するのではなく、社内の定量的なデータを分析し、 

ストレスチェック結果を使って、組織課題に活かすことも可能です。

 

カンタンなコツとポイントをお伝えするセミナーです。 ぜひご活用ください。

 

<セミナーでお伝えする内容>

1.実際の事例を用いて集団分析を解説

2.最大限効果をあげるストレスチェックの運用方法

3.ストレスチェックに関するよくあるQ&A

プログラム

日時 内容
1日目
16:30 ~ 17:30

ストレスチェック2年目に向けての改善点

◆ 最大限効果をあげる運用のポイント①
  1.受検率の向上と、正確な回答を得るために
  2.高ストレス者への適切な対応のために
◆ 最大限効果をあげる運用のポイント②
  3.最適なストレスチェック実施時期
◆ 労働時間とメンタルケアの関連性
◆ メンタルケアの経済合理性は?
◆ ストレスチェックの集団分析で重要な、仮説と検証

など

講師情報

三宅 朝広(ミヤケ トモヒロ)
株式会社HRデータラボ 代表取締役
株式会社リクルートにて人材系サービスの企画・開発に従事した後、上場会社の取締役を12年勤める。 無料ストレスチェックツール「ストレスチェッカー」を約600社に導入し、日本最大級の導入実績をベースにしたストレスチェックの運用・コンサルティングサービスを提供中。

セミナー詳細情報

開催日時 2017/06/20(火) 16:30 ~ 17:30(受付16:15~)
会場住所 港区白金台2-10-2白金台ビル4F(地図を表示
会場名 株式会社人材研究所 セミナールーム
講師 三宅 朝広
受講費 無料
支払方法 なし
定員 25名
参加申込期限 2017/06/20(火) 16:30
申込後のキャンセル期限 2017/06/20(火) 16:30
受講対象者 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、事務・総務
主催 株式会社HRデータラボ ストレスチェッカー事業部

主催者情報

  • 社名:株式会社HRデータラボ
  • 所在地:〒1600005 新宿区愛住町12番地 LaKRSビル2F
  • 事業内容:安全衛生・リスクマネジメント・EAP、業務ソフト・ASP・システム開発
  • 代表者名:三宅 朝広
  • 従業員数:6名
  • 資本金:1,000万円
  • お問合せ先:0362730072
  • URL:https://stresschecker.jp
このセミナーに申し込む 期限:2017/06/20(火) 16:30
メンタルヘルスサービスをお探しの企業様へ

『メンタルヘルス.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク